朧月天女メイク——敦煌莫高窟の壁画に描かれている飛天からの着想

 

飛天(ひてん)とは元々歌や踊りを長けている神様のこと意味します。

最初は中国東魏の時代の『洛陽伽藍記』から見受けられ、

その後唐王朝に入ってから創作の最盛期になった。

 


はじめは男性のみ使われていたが、西魏の時代に伎楽飛天の流行により、

髪を束ねて、イメージも徐々に女性側にかたより、たおやかな姿で、

女性のかわいらしいさまを演出した。

 

今回はこんな素敵な姿をコスメで再現してみました。

 

 
【ベースメイク】

base makeup

まずはファンデーションを指で顔にぽんぽんとつけてから、
スポンジもしくはファンデーションブラシでやさしくのばします。

動画では化粧具<花浅染>シリーズのメイクスポンジを使いました。

かわいいちまきの形で、
目の周りや鼻の両側など細かなところまでしっかりカバーできます。


使用アイテム
花浅染 メイクスポンジ <点心>セット
玉容潤養 リキッドファンデーション


【眉メイク】

eyebrow makeup
眉は顔の印象を決まるとても大事な部分です。
やわらかな1.5㎜細芯使用で、書きやすく、自然な美眉を実現できます。


使用アイテム
螺黛生花アイブロウパウダーペンシル


【アイメイク】

今回は百鳥朝鳳アイシャドウパレットの02を使って、
アイメイクを完成します。

eyeshadow makeup

まずはアイシャドウブラシで7番色を取り、
目のまわりを薄くのせます。

そのあと、ブラシで6番をすこし取り、
まぶたの二分の一のところからやさしくぼかします。

eyeshadow makeup

続いてはパレット上の1番色と3番色を混ぜて、
まぶたの方にのせて、目元の印象を深めます。

eyeshadow makeup
最後にアイライナーでラインを引いて完成です。


使用アイテム
百鳥朝鳳アイシャドウパレット02
花浅染メイクブラシセット
松煙首烏アイライナー

【チークメイク】

check makeup
大きめなブラシにチークを取り、
頬の高い部分から斜めてのせて、肌の血色感を引き出す。


使用アイテム
洛花飛影臙脂チーク

【シェーティング】

trim makeup
シェーティングパレットを使って、肌の立体感と質感をアップします。

【リップメイク】

lip makeup
仕上げに、ツヤを控えめのマットリップで、
唇のエッジを沿ってムラなく塗布します。


使用アイテム:
百花陶磁彫刻リップ

ご興味がありましたら、ぜひお試しくださいね~

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。