中国メイクのポイントとやり方

今話題の「中国メイク」についてご存知ですか?多くの方のイメージでは中国メイクは、中国美女のような凛として、大人な雰囲気でハードルが高そうに感じるメイクのことです。また「中華メイク」や「ワンホンメイク」、「チャイボーグメイク」などとも呼ばれています。
今トレンドになった「中国メイク」は現代の中国女性の気品に合う化粧方法ですが、古代中国の化粧も「中国メイク」の要素にかけない部分だと思われています。
中国の化粧文化の歴史はかなり長いです。特に王朝の風習、地域文化、シーン、民族特徴などの影響を受け、様々な化粧方法を生まれました。花西子はそれらの化粧方法、特徴を研究し、多種多様の化粧方法の中でもっとも特徴となった3つのポイントを探り出しました。


ポイント1:眼下彩
古代中国のメイクはアイメイクをそれほど重視してないでした。ただしほお紅を広く使用され、目の下の頬にも使われていました。 花西子は目の下の頬に使うカラーをヒントに、今トレンドのアイメイク方法と融和した、「目の下のカラーをメインカラーとして、目の上のカラーを補助カラーとするメイク方法を開発しました。
1. 目尻から目尻寄りの目の下のところまでチークカラーをのせます。
2. 45°ぐらいの角度で下まで染めていきます。
この技法で仕上げたアイメイクは古典の魅力と現代のトレンドがバランスよく兼ね合います。

おすすめのチークは「洛花飛影臙脂チーク
クリームからパウダーに転換する工藝によりみずみずしい質感、ぽかしやすく、ムラなくつけれるチークです。さらに、潤い成分を入り、肌にぴったり密着、内側から自然に湧き出るような血色感、フレッシュさを演出します。


ポイント2:点朱唇
古代中国のリップメイクでは縁をかばい、さくらんぼのような小さい口のカタチを作るのが代表的で、人気でした。花西子は昨今の特徴を融和し、「点珠唇」という技法を探り出しました。
1.くちびるにはなびらのカタチでリップカラーを染めていきます。
2.ハイライトを上唇のMラインに沿ってのせます。
つややかで気品よくリップに仕上げられます。

中国の香雲紗(コウウンシャ)と植物染色工芸からインスピレーションを受け、開発したリップグロス。優れた色持ち力で美しい仕上りをより長くキープできます。ミツモウカ、ボタンやスノーロータスなど植物由来保湿成分使用によりなめらかな付け心地で、唇の上に薄い保湿膜を形成させ、水分をしっかりブロックし、荒れや乾燥から唇をしっかり守ります。


ポイント3:細長眉
中国古典詩詞のなかで、よく「娥眉」「遠山黛」で女子の眉毛の美しさを称賛します。「娥眉」も「遠山黛」も細長い特徴を持っています。それに基づいて、花西子は独自の「細長眉」というメイク技法を開発しました。
程よい曲げさに細長いカタチ、柔らかいでありつつ、自信さも感じられる雰囲気を作り上げられます。

おすすめのアイブロウは「螺黛生花アイブロウパウダーペンシル
ペンシルの書きやすさとパウダーのなめらかさを取り込み、やわらかくてスルっと描けアイブロウです。なめらかな描き心地で、重ね塗ってダマにならない、肌にしっかり密着し、自然な眉毛を描かれます。

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。